お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ

シワのお手入れ、正しくできていますか? 一口にシワといっても、原因によってお手入れの方法が異なります。

お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ

「一度できたシワは消えない」とよく聞きますが、適切に対処すれば気にならなくなる可能性もあります。まずは、シワの原因を見極めることから始めましょう。

■そのシワは乾燥小ジワ?加齢によるシワ?

乾燥や加齢、紫外線、同じ表情の繰り返しなど、シワができる原因はさまざまです。中でも、毎日のお手入れで注目したいのが、乾燥によって表皮にできる「乾燥小ジワ」と、加齢によって発生する「真皮性のシワ」です。

乾燥小ジワは、肌表面にある角層がうるおい不足になった際に、厚くなったり硬くなったりして発生する「浅いシワ」です。

加齢によるシワは、肌の奥にある真皮と呼ばれる場所で、ハリやうるおいのもととなるコラーゲンやエラスチンがダメージを受けて発生する「深いシワ」のことです。

シワの見極め方

気になるシワが「乾燥小ジワ」なのか「加齢によるシワ」なのかを見極めたいときは、お風呂上がりの顔を鏡でチェックしてみてください。

入浴直後の肌は、うるおいを含んでいる状態なので、「乾燥による小ジワ」は目立たなくなっているはずです。反対に、「加齢によるシワ」は、深く刻まれたままとなっています。

ただし、お風呂上がりの肌は、放っておくとどんどん乾燥が進むため、チェックをしたらすぐに保湿することが大切です。

■「乾燥小ジワ」と「加齢によるシワ」の対策法

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。