その眉は時代遅れ!?やってはいけない大人眉のNGポイント

よかれと思って描いた眉が、老け見えの原因になっているかもしれません。

メイクアップアーティストの筆者が、「老け見え眉」をさけるために知っておきたいポイントをご紹介いたします。

その眉は時代遅れ!?やってはいけない大人眉のNGポイント

■姿見で印象をチェックする

小さい手鏡で眉を描いたら、顔全体が映る鏡で左右のバランスなどをチェックしましょう。その後、上半身や全身が映る大きい鏡で印象をチェックします。

眉の描き方次第で顔の表情が変わってみえるので、引きでチェックすることが重要です。

下がり眉

「下がり眉」は、若い世代に人気です。守ってあげたくなるような愛されフェイスにしたい場合は、太めで眉尻に向けて少し下がるような眉が良いでしょう。

しかし、皮膚に緩みが出始めている顔には、注意が必要です。近くで見た時はきれいに見えても、全体の印象を見た時に、顔が外側に広がって見えたり、たるんで見える場合もあります。

描いた眉が平行以上に下がることがないように、鏡を見たらあごを引いて眉尻の高さを調整すると良いでしょう。

しっかり眉頭

顔ののっぺり感を解消するために眉頭をしっかり描くと、神経質な表情に見えることがあります。眉頭を近づけすぎないようにするか、描いた眉頭の形を丸くすしたり少しぼかしたりすると表情が和らぎます。

ペンシルで描くとくっきりしすぎる場合には、パウダータイプで仕上げるとソフトな印象になります。

くっきり眉山

への字眉は、バランスによってびっくりしたような表情に見えることがあります。


あわせて読みたい

つやプラの記事をもっと見る 2019年5月16日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。