その眉は時代遅れ!?やってはいけない大人眉のNGポイント

20代のころは、眉山、眉尻のはっきりとした洗練された眉にしていた方も多いと思います。しかし、顔の印象がかっちりとしやすく、最近では野暮ったく見える傾向です。

山の角張りが出ないように意識をして仕上げましょう。

時代があらわれるといわれる「アイブロウ」は、自分に合った形を見つけることが大切です。トレンドも意識して仕上げらるとさらに良いでしょう。装いによって変化をつけたり、場面に合った表情作りを眉でできればパーフェクトですね。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士 上野リサ
大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストとして活動後、幅広いジャンルで「顔創り」に取り組む。顔を起点とした”善い美容習慣の定着”を目指す「face conductor」というジャンルを開拓。)

あわせて読みたい

つやプラの記事をもっと見る 2019年5月16日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。