服を着る前に塗る!皮膚科医が教える「日焼け止めの塗り方」

肌老化の原因の8割ともいわれる、紫外線による「光老化」。日焼け止めを塗っていたのに日焼けてしまった、うっかり日焼けで夏老けしてしまったという事態を防ぐには、正しい日焼け止めの塗り方が大切です。

日焼け止めを塗っているのに日焼けしてしまうのは、日焼け止めの塗りムラなどによる隙間が原因の場合があります。この「スキマ」をなくすことが、紫外線から肌を守る秘訣といえそうです。

服を着る前に塗る!皮膚科医が教える「日焼け止めの塗り方」

ヘア&メイクアップアーティストの筆者が、皮膚科医の銀座ケイスキンクリニック院長、慶田朋子先生に正しい日焼け止めの使い方を教えていただきました。

■塗っても日焼けをする原因とは?

日焼け止めを塗っているのに日焼けをしてしまうのはなぜでしょうか? 以下の項目が原因の場合があります。

・塗る量が少ない
・塗り方のムラがある
・塗り直し頻度が少ない
・汗、水、こすれで落ちている

塗りムラになりやすい箇所

日焼け止めの塗り忘れや塗りもれによってできた隙間から紫外線が侵入します。

例えば、「髪を下ろして外出したが、出先で髪を結んだことで思いがけず焼けてしまう」「デコルテはしっかり塗っていたのに、服との境目だけが焼けてしまった」

このような経験がある方は意外と多いのではないでしょうか。アクセサリーや時計をつけていた部分もくっきり日焼けラインを残したくないところです。

塗り忘れや塗りもれに、特に注意したいポイントは以下になります。

・額
・鼻
・耳(凹凸のある箇所)
・目の周り
・腕の後ろ(手が届きにくい箇所)
・首
・デコルテ
・足の甲
・袖周り
・うなじ
・あご


あわせて読みたい

気になるキーワード

つやプラの記事をもっと見る 2019年6月20日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「髪型」のニュース

次に読みたい関連記事「髪型」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヘアスタイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヘアスタイル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。