髪ダメージを防ぐ!「朝と夜のヘアケア」使い分けのコツ

朝と夜ではヘアケアの目的が変わります。

コスメコンシェルジュやヘアメイクのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、つや髪にするためのヘアケアについてご紹介します。

髪ダメージを防ぐ!「朝と夜のヘアケア」使い分けのコツ

■朝と夜で違うヘアケアの目的とは?

朝と夜で同じヘアケアをしていませんか? 意外と知らない人が多いと思いますが、朝と夜ではヘアケアの目的が違います。

■朝のヘアケア

紫外線や静電気を防ぐものをつける

紫外線や静電気は、抜け毛や切れ毛などのダメージ毛につながります。

そのため、外出前にはUVカットのスタイリング剤や静電気を防止するワックスやオイルなどを使うことがおすすめです。

ブラッシングの摩擦から髪の毛を守る

朝は寝グセで髪の毛が絡まっています。そのままブラッシングをすると、髪に負担がかかります。

摩擦をなるべくさけるために、ブラッシング前に寝グセ直し用のミストをつけるようにしましょう。

熱から守るヘアケア製品を使う

朝は、髪をセットするのにドライヤーやコテを使う人がほとんどだと思います。

何もつけないでそのまま高温をあてると髪の毛のダメージが進むので、熱から髪の毛を守る「洗い流さないトリートメント」をつけるようにしましょう。

■夜のヘアケア

頭皮と髪の毛をケアするアイテムを使う

夜は、シャンプーによって必要な皮脂までとり除いてしまいがちです。そのため、頭皮や髪の毛の保湿をしっかりすることが大切です。

頭皮用のオイルや髪の毛を保護する洗い流さないトリートメントをつけることがおすすめです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

つやプラの記事をもっと見る 2019年7月13日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プチプラ」のニュース

次に読みたい関連記事「プチプラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「美容」のニュース

次に読みたい関連記事「美容」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スキンケア」のニュース

次に読みたい関連記事「スキンケア」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。