『CMバトル』制したのはインディアンス! 「才能の塊」とタッグを組んだ作品は…

『CMバトル』制したのはインディアンス! 「才能の塊」とタッグを組んだ作品は…
       
動画配信サービス『大阪チャンネル』のCM動画を若手芸人とCMプランナーがタッグを組んで制作しプレゼンする『大阪チャンネルCMバトル』が10月1日(木)、東京・渋谷のヨシモト∞ドームで開催され、インディアンス(田渕章裕、きむ)が優勝しました。「CMに出たい」という熱い気持ちがこもった3組の芸人たちの作品は、どれもアイデア満載。その気になる中身は……。
『CMバトル』制したのはインディアンス! 「才能の塊」とタッ...の画像はこちら >>

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

今回、『大阪チャンネル』のCMを制作したのは、インディアンスのほか、GAG(坂本純一、福井俊太郎、宮戸洋行)、コマンダンテ(安田邦祐、石井輝明)の3組。審査員は、お笑いナタリーの遠藤敏文編集長とお笑いトリオ・グランジの五明拓弥、吉本興業・大阪チャンネル担当者の3人が務めました。優勝したインディアンスのCM作品は、特典として1週間、渋谷の街頭ビジョンで流れます。

2人の「フリー演技」も採用



MCは、過去のCMバトルに参加したことがあるニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)。屋敷が、「第1回は俺ら、やさしいズ、ラフレクランが戦って、やさしいズが優勝。今回のメンバーは、インディアンスさん、GAGさん、コマンダンテさん。こういうのって回を重ねるごとに若返るんやけど、ちゃんと年取っている」とこぼすと、嶋佐が「全員先輩」と加えて笑いを起こします。

CMプレゼンのトップバッターはインディアンス。彼らとタッグを組んだのは、20代前半ながら数々の大手企業のプロモーションを担当している澤本あかりさんです。

あわせて読みたい

ラフ&ピースニュースマガジンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「CM」のニュース

次に読みたい関連記事「CM」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月3日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。