見どころはシソンヌが恐る恐るかます“アドリブ”!? 芸人×俳優×声優の朗読劇『TAMERS』

見どころはシソンヌが恐る恐るかます“アドリブ”!? 芸人×俳優×声優の朗読劇『TAMERS』
拡大する(全5枚)
“異種格闘技型”と銘打ってさまざまなジャンルの実力派キャストが集結するオリジナル朗読劇『TAMERS(テイマーズ)』が9月4日(土)・5日(日)の2日間、東京・よみうりホールで開催されます。物語は、近未来の地球の危機をめぐる緊張感あふれるミステリー。今回は、朗読劇初挑戦となる芸人・シソンヌ長谷川忍じろう)×俳優・中島健×声優・神楽千歌の“異種格闘技”座談会をお届けします!
見どころはシソンヌが恐る恐るかます“アドリブ”!? 芸人×俳...の画像はこちら >>

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

物語の舞台は、国際的な緊張が続く第3次世界大戦後の2040年。東欧の古い核施設で、新たな戦争の危機が勃発します。原因を探る国際電子安全機構(IDSO)の富樫ヨシヤ(中島健)は、施設を運営するユピテル社のプログラムが、自作自演の威嚇行為を行っていることを発見。プログラムを開発したのがAI(人工知能)と知り、専属部下の利根アリア(太田夢莉)に調査を命じます。一方、かつて天才AI開発者として名を馳せた根深リエ(美山加恋)と元夫ショウカ(シソンヌ・長谷川忍)は、謎の青年テイ(上村祐翔)が住む古びた家を訪れ……。

朗読劇にはシソンヌら4人ほか、声優の上村祐翔、女優の美山加恋、太田夢莉も出演。さまざまなジャンルの出演者たちが声で魅せる、手に汗握るサイバーミステリーエンターテインメントです。

シソンヌ長谷川「なんで僕なんですか?」



――まず、それぞれの役について教えていただけますか?

中島 僕が演じる「富樫ヨシヤ」という役はクールな司令官で、自分の仕事にあまりしっくりきていない人だというか。責任感が強いので、立場上、ちゃんとしてますっていう感じでやってる人なんです。だから、言葉数が多くて部下に煙たがられているところを、しっかりと見せられたらいいなと思ってます。

この記事の画像

「見どころはシソンヌが恐る恐るかます“アドリブ”!? 芸人×俳優×声優の朗読劇『TAMERS』」の画像1 「見どころはシソンヌが恐る恐るかます“アドリブ”!? 芸人×俳優×声優の朗読劇『TAMERS』」の画像2 「見どころはシソンヌが恐る恐るかます“アドリブ”!? 芸人×俳優×声優の朗読劇『TAMERS』」の画像3 「見どころはシソンヌが恐る恐るかます“アドリブ”!? 芸人×俳優×声優の朗読劇『TAMERS』」の画像4
「見どころはシソンヌが恐る恐るかます“アドリブ”!? 芸人×俳優×声優の朗読劇『TAMERS』」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

じろうのプロフィールを見る
ラフ&ピースニュースマガジンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「じろう」に関する記事

「じろう」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「じろう」の記事

次に読みたい「じろう」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク