むくみやダイエットにも◎キュウリのすごいパワー3つ

むくみやダイエットにも◎キュウリのすごいパワー3つ
夏野菜が出回る季節になりましたね。夏野菜の代表といえば「きゅうり」です。


きゅうりは、“世界一栄養価の少ない野菜”としてギネスブックに登録されているそうですが、実は、夏のインナーケアにぴったりの栄養素が含まれています。


夏に気になる、むくみ、インナードライ、ダイエットにまで役立つ野菜なのですよ。今回は、キュウリの魅力をお伝えします。




夏はきゅうりを食べたい理由3つ



(1)むくみ対策に


東洋医学において、きゅうりは体内に溜まった余分な熱や水分を取り去る働きのある食材に分類されています。


夏は外気温があがり、自然と身体に熱がこもりやすくなります。身体に熱がこもっている状態は、血液やリンパの流れが滞っている状態ですから、ほてりやむくみを感じやすくなります。


きゅうりは、利尿作用をたかめて身体に溜まった余分な熱や水分を取り去る働きがあるため、むくみの解消に用いられます。


また、きゅうりに含まれるシトルリンというアミノ酸には、血管を広げて血液の流れをスムーズにする働きがありますから、夏のむくみ対策にはきゅうりがよさそうですね。


(2)インナードライ対策に


汗をかくことが多い夏、身体は常に水不足の状態にあります。こまめに水を飲むのが一番ですが、夏になったからといって水を飲む量が増えるわけではありませんよね。


東洋医学では、夏はウリ科の野菜から水分を摂るといいといわれています。きゅうり、ゴーヤ、冬瓜、へちま、スイカ、メロンなど、ウリ科の野菜を夏の食生活に加えてみましょう。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。