大人にとっても超優秀!ベビーパウダーの顔への使い方と注意点

大人にとっても超優秀!ベビーパウダーの顔への使い方と注意点
赤ちゃんがいるママにとって、ベビーパウダーはとても身近なものですよね。ここ最近はベビーパウダーをメイクなどに使用する方が増えていて、大人にも人気があることをご存知でしょうか?



しかし、「そもそも顔に使っても良いの?」「どんな成分が含まれているのか気になる…」そんな疑問や不安を感じている方も多いと思います。


そこで今回は、ベビーパウダーの成分や顔への使い方、注意点について説明します。


ベビーパウダーは顔に使える?


ベビーパウダーは、赤ちゃんの肌を守り、清潔に保つためのアイテムとして知られていて、本来はおむつ替えや入浴の後、赤ちゃんのおしりや身体に使用します。


汗を吸収して肌をさらっと清潔な状態に保ち、あせもやおむつかぶれを防いでくれるだけでなく、すべりを良くする効果もあるので、肌着が当たる首周りや肌が密着している脇などにつけると、摩擦を減らすことができます。



ベビーパウダーは赤ちゃんのデリケートな肌に使えるものなので、大人が顔に使用しても問題はないようです。実際に資生堂のベビーパウダーは、「ワタシプラス」という公式のサイト内でメイク直し用のアイテムとしても紹介されています。


ベビーパウダーには粉末タイプと固形タイプの2種類がありますが、顔に使う場合は固形タイプがおすすめ。固形タイプなら持ち運びしやすく、手早くさっと塗ることができるのでメイク直しにもぴったりですよ。


ただし、もともとファンデーションやフェイスパウダーのようにメイク用として作られているわけではありません。ベビーパウダーの特性を理解した上で、使用するようにしましょう。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。