42度のお風呂に入れば、紫外線によるシワが防げる!?慶応大などが研究発表

マウスを使用した共同研究で発見
慶應義塾大学が7日、同大学の水島徹教授らが熊本大学、名古屋大学、再春館製薬所との共同研究により、マウスの皮膚をお湯につけることでシワが防げることを発見したと発表した。また、この結果の解析により、熱によって体内で増える熱ショックタンパク質70(HSP70)が重要な役割を果たしていることも分かったという。

今回の研究結果内容は、皮膚科学分野で高い権威のある米科学雑誌「Journal of Investigative Dermatology」に掲載されるほか、9月19日からイタリアで開催される予定となっている、欧州研究皮膚科学会でも発表されるそうだ。

42度のお風呂に入れば、紫外線によるシワが防げる!?慶応大などが研究発表
人でもシワを効果的に防げるかも!
シワ・シミといえば女性にとって大きな悩みの種。とくに年齢とともに気になるシワは、最大の原因が蓄積された紫外線の影響にあり、浴びた紫外線がコラーゲンの質を劣化させ、生産量の減少、コラーゲンを分解する酵素の増加を生じさせるため、シワができると考えられている。

一方、熱ショックタンパク質は、細胞が熱などのストレスを受けると、細胞内に作られるタンパク質で、熱だけでなく紫外線などを含むさまざまなストレスによって増えるという。このタンパク質が増えると、細胞はストレスに強くなる。

そこで、研究グループでは、この熱ショックタンパク質(HSP)のうち、とくに細胞を保護する作用が強いHSP70に注目し、紫外線による皮膚の障害をおさえたり、シミを抑制したりすることを発見してきたという。

あわせて読みたい

美容最新ニュースの記事をもっと見る 2012年8月9日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。