インドネシアを大規模火災・CO2大量排出から救う~平成23年度地球温暖化問題等対策調査~

インドネシアを大規模火災・CO2大量排出から救う~平成23年度地球温暖化問題等対策調査~
経済産業省の「平成23年度地球温暖化問題等対策調査」の一環として
住友商事株式会社は、「インドネシア・中部カリマンタン州における大規模泥炭火災対策導入を通じた温室効果ガス排出削減事業実施可能性調査」を受託し、実施する旨を発表した。これは、経済産業省の平成23年度「地球温暖化問題等対策調査(非エネルギー起源温室効果ガス関連地球温暖化対策技術普及等推進事業)」において取り組まれるもの。

大規模火災とCO2大量排出からインドネシアを救う
インドネシア・中部カリマンタン州の熱帯性泥炭地域では、過去の大規模な水田開発(メガライス・プロジェクト)によって多数の水路が建設された。しかし、この開発を原因とする大規模火災が頻発している。これは、泥炭地の水位が低下し、乾燥した泥炭地に焼畑などの火が燃え移ることで発生している。

このような火災は、熱帯泥炭森林の消失の原因の一つとなる。生物多様性に富んだ熱帯泥炭森林の消失は、生態系への悪影響にも繋がる。また、CO2排出増加にもつながり、カリマンタン州だけで年間平均数千万~数億CO2トンに達する。
二国間クレジット構築に向けて
今回の住友商事の調査では、北海道大学などの学術機関・国内の複数の技術パートナー企業と連携して「泥炭火災によるCO2排出量を正確に測定」、「放棄水路から流出する水分の抑制と、泥炭地の植生回復を通じた泥炭火災の防止」などの手法に取り組んでいく。

この取組みは、今年6月に日本・インドネシア両国首脳会談で合意された「防災・気候変動両面での連携強化」の方針に合致するもの。また、この取組みを通して、インドネシアでの日本の環境技術普及によるCO2排出削減量を、二国間協定等を通じて日本の削減量として独自に認定する「二国間クレジット」の構築への実現可能性を検証していくという。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 経済産業省 キャッシュレス
エネクトニュースの記事をもっと見る 2011年8月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「経済産業省 + キャッシュレス」のおすすめ記事

「経済産業省 + キャッシュレス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら