三井不動産レジデンシャル、マンション一括受電システム「elecosun」を導入

三井不動産レジデンシャル、マンション一括受電システム「elecosun」を導入
拡大する(全1枚)
マンション一括受電システム「elecosun(エレコさん)」
三井不動産レジデンシャル株式会社は、高圧一括受電システム「elecosun(エレコさん)」を開発した。

「elecosun」は、太陽光発電設備や蓄電池搭載によりマンション全体の防災・環境対応を強化する高圧一括受電システム。このシステムにより、マンション各住戸の電気料金を削減が可能となる。

三井不動産レジデンシャルによると、「パークホームズ田無サウスレジデンス(東京都西東京市)」「パークホームズ」シリーズや「パークシティ」シリーズなど、首都圏のファミリータイプの新築分譲マンションへの導入が予定されている。
電気料金5%削減が期待、太陽光発電・蓄電池も併せて設置
「elecosun」では、マンション管理組合と電力会社が高圧電力の需給契約を締結し、安価な高圧電力をマンション全体で一括受電する。これにより、一般の契約と比べ、各住戸の電気料金を約5%削減する効果が期待できる。

また、「elecosun」導入のマンションには、太陽光発電設備や蓄電池が併せて設置されることになる。これによって、マンション共用部の電気料金削減やCO2排出量削減効果が期待される。また、蓄電池と組み合わせることで、災害時に継続的に使用できる非常用電源としても利用可能となる。

元の記事を読む

編集部おすすめ
エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク