DHL Expressフランス 2020年までにCO2排出量を30%削減

DHL Expressフランス 2020年までにCO2排出量を30%削減
電動自動車を導入
宅配運送業者であるDHL Expressフランスは10月10日、自動車メーカーのルノーの電気自動車、Kangoo Maxi ZEとZOEを集配業務に使用することを発表した。

第1段階として、2014年初頭までに20台の電気自動車を導入。2015年までに50台を配備し、宅配車の30%が電気自動車とする予定だ。

近年、DHL Expressは最新技術を利用し、環境に負担のかからない集配システムの発展に取り組んでいる。仏紙Enerzineが報じた。
GoGreenプログラム
DHL Expressフランスは、主要都市にてEV宅配車の実用実験を実施していた。

同社の使用する電気自動車は90kmごとに充電しなければならないため、走行距離が60kmをこえないよう宅配ルートの見直しを行った。

また、道が細く入り組んでいる市内の配達のため、オート三輪車を導入し、効率的で地球にやさしい宅配サービスを提供している。

DHL Expressフランスは、環境に配慮したエコ宅配を行うGoGreenプログラムを実施しており、その一環として2020年までにCO2排出量を30%削減することを目標としている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2012年10月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。