NTTテレコンが集中監視システムをソーラー発電量の監視に利用、サービス開始

NTTテレコンが集中監視システムをソーラー発電量の監視に利用、サービス開始
ガス事業者の参入に合わせて
NTTテレコンは10日、自動検診・集中監視システムを利用した太陽光発電による発電量の監視サービスの提供を開始したことを発表した。

ソーラー発電量監視サービスは同社の自動検針・集中監視システム「テレコンスマートサービス24」の付加機能としてスタートしたもので、9日から本格的にサービスを開始。

現在このシステうを利用しているガス事業者がソーラー発電事業に参入した場合も同サービスを利用できるよう、低コストで発電量監視サービスを提案する。

データ収集やメンテナンスに
今回同サービスを開始した背景には、再生可能エネルギーの固定買い取り制度の開始からさまざまな業界がソーラー発電事業に参入していることを受け、同社が自動検針・集中監視システムを提供するLPガス業界でもソーラーパネルの設置が進んでいることがある。

ガス業界では、充填所要地や所有している土地の空きスペースを利用してソーラーパネルを設置しているケースが多く、設置数が増えるにつれて発電量に関するデータの収集や太陽光発電システムのメンテナンスなどの課題を解決する。

「テレコンスマートサービス24」を利用するには、クランプ式電流センサ、NCUアダプタ、NCUなどの端末機器を用意する必要があるが、サーバ等の設置は必要なく、サービスを受けることができる。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2012年10月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら