IKEA 再生可能エネルギーに15億ユーロ

IKEA 再生可能エネルギーに15億ユーロ
ピープル&プラネット・ボジティブ
大手家具メーカーのIKEAは10月22日、同社の新しい環境プロジェクトである「ピープル&プラネット・ボジティブ」を発表した。

同社は10月上旬、2016年までに白熱電球の販売を廃止し、LED(発光ダイオード)のみを取り扱うことを発表したばかり。

「ピープル&プラネット・ボジティブ」では同決定に加え、再生可能エネルギーへの移行や、森林保護への取り組みが行われる予定だ。仏紙Enerzineが報じた。
15億ユーロ
IKEAは、同社で販売する商品に使用される木材と同量か、もしくはそれを上回る量の木を植える計画であることを発表した。

また、水や電力、ゴミの削減運動を行い、資源の使用量を最小限におさえるため、電力消費量の少ない電化製品の作成や、水使用量を抑えた製造プロセスなどの開発に取り組んでいく。

そして同社は15億ユーロを投じ、太陽光発電施設と風力発電施設を建設することを決定した。

2020年までに自社の消費電力をこれらの再生可能エネルギーで供給するという。

IKEAの持続可能な発展オフィス責任者のスティーブ・ハワード氏は、
ピープル&プラネット・ボジティブにより、自然における私たちの責任を確認し続けることができる

と述べている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2012年10月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら