自然電力がドイツjuwiとジョイントベンチャー企業を設立

自然電力がドイツjuwiとジョイントベンチャー企業を設立
       
熊本県に1MWのメガソーラー
太陽光・風力発電所等の開発・運営を手がける自然電力は25日、再生可能エネルギー事業を手がけるドイツのjuwi社とのジョイントベンチャー企業「juwi(ユ-イ)自然電力」を設立したと発表した。

同社は昨年12月、熊本県合志市に熊本県内企業初のメガソーラー発電所となる1MWの「合志市・熊本製粉太陽光発電所」を建設した。

2017年までに再生可能エネルギーで原発1基分にあたる1GWの発電量を目標としており、日本唯一の「コスト競争力あるメガソーラーEPC企業」を目指す。

100MW規模のプロジェクトを50件
juwi社は世界中に2.5GWにも及ぶ再生可能エネルギーを利用した発電所を建設しており、今回のベンチャー設立で日本への再生可能エネルギー導入を促進する。

今年度は100MW規模のプロジェクトを50件、300億円の売上が目標で2015年には300件で累計600MW、750億円の単年度売上を目指すとしている。

記者発表会にて経営陣は「東日本大震災の被災3県でメガソーラー建築予定はあるのか?」という質問に今後はもちろんそれら3県などの事業も開発していきたいと意欲的に回答した。

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年1月31日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。