三菱より最大出力500Wの小型ポータブル電源「VOLTANK」発売

三菱より最大出力500Wの小型ポータブル電源「VOLTANK」発売
       
販売中
三菱重工業株式会社は、最大出力500Wの小型ポータブル電源「VOLTANK(ボルタンク)ML500i」を自社開発し、現在販売中だ。

自己放電が少ない
「VOLTANK ML500i」は、企業のBCP(事業継続計画)対策として確保が重要視される情報機器などの非常用電源としてや、野外イベントの電源としてなどに利用できる。

大型の蓄電池は導入コストなどの面で難しい場合があったが、この小型ポータブル電源は、コンパクトかつ低コストで導入できるので、BCP対策用途を中心に企業・法人向けに販売し、その後に一般向けにも販売していくとのことだ。

蓄電用リチウムイオン二次電池として、電力貯蔵向けに開発されたエネルギー容量密度が高い「MLiX」を3セル搭載し、自己放電をほとんど行わないので、長時間放置していてもしっかり電源確保ができる。

サイズは幅180×奥行き270×高さ400mmで、重さは約13kg、過充電防止機能をはじめとした各種安全機能を備えており、実行容量は360Wh、参考価格は20万円前後となっている。

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。