2013年度中に6.5MW、東芝が太陽光発電事業に参入

2013年度中に6.5MW、東芝が太陽光発電事業に参入
自社システムを利用
日本を代表する大手総合家電の東芝が太陽光発電事業に参入する。

3月28日に発表された内容によれば、東芝グループでコージェネレーションシステムにより発電事業を展開してきた株式会社シグマパワー土浦の社名「株式会社 シグマパワー太陽光」と改め、4月1日から太陽光事業を展開する。

シグマパワー土浦では高効率のパワーコンディショナなど、東芝グループの持つ太陽光発電技術により発電効率の最大化を目指し、神奈川県横浜市にある東芝横浜事業所内に発電出力1.5MWのメガソーラー発電設備を設置した。

同施設の年間の推定発電電力量は、一般家庭約550世帯分の年間使用電力量に相当する、約200万kWh。

東芝営業所へのパネル設置も
また、シグマパワー土浦では、今後、東芝キヤリア株式会社掛川事業所、東芝姫路工場、東芝姫路半導体工場に、発電出力1.5~2MWクラスのメガソーラー発電設備の設置を計画している。

これによって2013年度内には太陽光発電事業により、合計6.5MWの電力供給を見込んでいる。

東芝が太陽光発電システムの市場に参入したのは2010年と最近のことで、自社での太陽光パネルの生産を行わない東芝は、世界7位の米サンパワー社と提携し住宅向けの太陽光発電システムの販売を行ってきた。

サンパワー社は単結晶シリコンの太陽光パネルの生産に優れ高い変換効率を実現していることから、小さな屋根でも大きな発電量を稼ぐ事ができ狭い日本の住宅事情にもマッチしたパネルとしてシェアを高めていくとみられている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2013年4月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら