屋根一体型太陽光パネル「ソーラールーフ」登場 LIXL-シャープが共同開発

屋根一体型太陽光パネル「ソーラールーフ」登場 LIXL-シャープが共同開発
モジュール自体が屋根に
屋根一体型の太陽光発電システム「ソーラールーフ」を共同開発した株式会社LIXILとシャープ株式会社は、3月29日、同「ソーラールーフ」を4月2日からLIXILブランドで発売することを発表した。

「ソーラールーフ」は太陽光発電モジュール自体を屋根材として使用できる。つまり、これまでのようにモジュールを設置するために屋根に架台を取り付ける必要がない。このため、屋根に穴を開けることもなく、雨漏りの心配もなく、工事も一度の施工で完了する。

デザイン性に優れる建材一体型
さらに、屋根全体をソーラーパネルにできるため(※)、出力も大きくなる。また、
建材一体型の特長である凹凸の無いデザイン性に優れた屋根

に仕上がるという。

株式会社LIXILとシャープ株式会社は、昨年8月、
エレクトロニクスと建材の融合を図った新たな製品・サービスの開発を目的

として業務提携、合弁会社「エコ・ライフ・ソリューション株式会社」を設立した。今回の「ソーラールーフ」は、LIXILとシャープ、エコ・ライフ・ソリューションが共同で企画・開発した初の商品となる。


※新築住宅の場合。また、屋根全面をソーラーパネルにするためには、予め設計上の打合せが必要とのこと。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2012年4月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。