京セラ、三菱UFJリース、竹中工務店が太陽光発電新会社を設立

京セラ、三菱UFJリース、竹中工務店が太陽光発電新会社を設立
       
KMTソーラー合同会社 全国で売電事業
京セラ株式会社は9月30日、三菱UFJリース株式会社、株式会社竹中工務店と共同出資会社を設立、太陽光発電事業に取り組むことを発表した。

(画像はプレスリリースより)

新設した「KMTソーラー合同会社」は、東京都千代田区を本拠地とする。京セラと三菱UFJリースが40%、竹中工務店が20%出資する。

同社は全国各地での売電事業を中心に運営を行う。発電設備の導入先は企業などが保有する遊休地を対象としており、現在、2015年中の着工・稼働を目指して複数の候補地と交渉を続けているという。

3社の強みを生かし、再生可能エネルギー普及に貢献
KMTソーラー合同会社の業務は、京セラグループが太陽電池モジュールや周辺機器の供給と保守管理業務、三菱UFJリースが会社運営事務とプロジェクトファイナンスを活用した資金調達、竹中工務店が発電所の設計施工を担当する。

今後は、それぞれが持つ豊富な事業経験と知識、技術からなるノウハウを生かして積極的に太陽光発電事業を推進し、再生可能エネルギーの普及促進と環境負荷低減に貢献していく意向だ。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。