日産リーフオーナー向け、充電器使い放題サービスを開始

日産リーフオーナー向け、充電器使い放題サービスを開始
月額3,000円 全国4,100基が使い放題
 10月1日、日産自動車株式会社は、日産リーフオーナー向けのサポートプログラム、「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム(ZESP)」の改訂を発表した。

(画像はプレスリリースより)

ZESPのサービスに、全国の充電施設で充電設備が使い放題となるプランが加わった。対象となるのは日産販売会社の他、高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、コンビニ、道の駅など、日産が指定する約4,100基の充電施設。会員には認証機能付きの充電カードが発行される。

料金プランは、指定施設の使い放題が可能なスタンダードプラン(月額3,000円)とライトプラン(月額1,429円)の2種。ライトプラン加入者は、従来通り日産販売会社約1,600基のみ使用できる。

来年3月まで、会費最大半額キャンペーンを実施
従来のZESPでは、「5年間分のメンテナンス」、「オペレーターによるナビ目的地設定」、「24時間365日レッカーサービス」などのサービスが提供されていた。「充電器使い放題」が加わったことで長距離ドライブにおける懸念事項がひとつ解消され、ユーザーの利便性は格段に向上する。

来年3月までは、最大6か月分の月会費が半額以下となるキャンペーンを実施する。ZESP会員がスタンダードプランに加入する場合、3月までは半額となる。

日産は、トヨタ、ホンダ、三菱との合同会社「日本充電サービス」を通し、今後も充電器の拡充を積極的に進めていく意向だ。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

エネクトニュースの記事をもっと見る 2014年10月2日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。