JR東日本が常盤線の線路沿いに太陽光パネルを設置、4メガワット級の発電設備に

JR東日本が常盤線の線路沿いに太陽光パネルを設置、4メガワット級の発電設備に
拡大する(全1枚)
今年度中に稼働
JR東日本は4月3日、常磐線友部・内原間に大規模太陽光発電設備を設置すること発表した。

同設備は、茨城県笠間市から水戸市に位置する常磐線友部・内原間平地の約69,000平方メートルの土地に設置される。

出力は4,200kW、想定年間発電電力量は約437万kWhで、これは一般家庭約1,200世帯分の電力に相当する。

同社は今年度中の稼働を目指し、今月から工事に着手している。

国内4ヶ所で導入を検討中
JR東日本は、現在、秋田県潟上市岩手県花巻市新潟県新潟市群馬県高崎市の4ヶ所に太陽光発電設備の導入を検討中である。

千葉県千葉市の京葉車両センター構内では、2月28日から太陽光発電設備を稼働しており、出力1,050kWを実現した。

同社はこれまでにも、東京駅や平泉駅等に太陽光発電設備を導入し、再生可能エネルギーの導入を積極的に推進している。

また、風力発電や地熱発電の再生可能エネルギーの調査検討を進めており、地球環境保護に取り組んでいる。

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク