まぶしさを軽減 NHKが小糸製作所と白色LED照明を開発

まぶしさを軽減 NHKが小糸製作所と白色LED照明を開発
       
クルムス蛍光体を用いた目に優しい白色LED
NHKは2014年4月25日、紫外線を吸収し、黄色に発光する「目に優しい」とされるクルムス(Cl_MS)蛍光体を用いた白色LED照明器具を株式会社小糸製作所と共同開発したと発表した。

クルムス蛍光体とは、主成分が貝・骨・岩石や塩などに含まれるありふれた元素で構成される酸化物であると同時に、新しい結晶構造を持つ新物質である。

小糸製作所はこのクルムス蛍光体を名古屋大学の澤博教授研究グループとの共同研究により開発している。

クルムス蛍光体を用いた白色LEDは、従来の白色LEDと比べてフラットな分光スペクトル特性(光の波長ごとの強度分布。従来の白色LEDは青色成分に強いピークを示すものが多い)に特徴があり、また発光面積を大きく設計できるため、出演者が光源を直視した際のまぶしさが低減することが可能である。

まぶしくなく、演出性にも優れているLED
NHKではこれまで省エネルギー光源として白色LEDの照明器具導入を進めていたが、以前の光源は一部の出演者からは「光源が視界に入るとまぶしく感じる」という声が寄せられていた。そのため新しい光源の開発が進められていた。

今回試作された白色LED二種類あり、スタジオでキャスターを照らす「キャスターライト」と、ロケや中継で使用する「ソフトライト」。これらを試用してみたところ、約9割から「試作品はまぶしくない」との回答を得た。

また演出性にも優れているため、5月25日放送予定のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の第21話にある、官兵衛幽閉シーンの収録ですでに撮影へ使用したという。

今後さらに番組で試用を重ね、番組制作照明機器としてよりよいものとする努力をしていくという。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。