スマートエネルギー事業の拡大を目指して NECがシステム運営を開始

スマートエネルギー事業の拡大を目指して NECがシステム運営を開始
NECがスマート化プロジェクトのテストを行う
日本電気株式会社(以下NEC)は玉川事業場で再生可能エネルギーはじめ多様なエネルギーの需要を最適制御する分散・強調型のエネルギー管理のテストを行っている。

このたびその第一整備が完了し、2014年5月26日にシステム運用を開始したと発表した。このプロジェクトは2013年度から2ヵ年計画で整備を進めてきたものである。なお第一期のシステムの構築・検証はNECの中央研究所が入居するビル(9号館)にて行う。

同社は「2015中期経営計画」で注力するスマートエネルギー事業の拡大へ向けるとともに、このプロジェクトで培ったノウハウをソリューションとして顧客に提供することを目的としている。

高度な社会インフラを提供する「社会ソリューション事業」
第一期の主な内容は次のようになっている。

・オフィスの消費電力量を見える化する省エネオフィスサービス「エネパルOffice」と高精度で電力計を計測できる「スマート分電盤」を各フロアに設置し、部門やグループ単位での消費電力量を把握する。くわえて、温度・湿度・照度にくわえ人体も検知できる「インテリジェント人検知センサ」を天井に設置し、人数に応じた適切な空調・照明の自動制御をする。

・各フロアに設置するタブレットに、エリア単位での室内温度の環境情報を表示し、勤務者が快適度(寒い/快適/暑い)を入力するシステムを設ける。

・エリア単位の温湿度情報や所在人数情報、タブレット端末に入力された快適情報をクラウド上へ構築した「Butics-SX」に蓄積。そのビッグデータはNECの「異種混合学習技術」を活用して、需要予測および節電ナビゲーションを元にして、省エネ目標を守りつつ勤務者に快適な環境を提供する。

なお、NECは引き続き玉川事業場スマート化の完成に向け、再生可能エネルギーの導入や、20kWh蓄電システムを中心とする分散型蓄電システムの整備、クラウド上にエネルギー需要データを活用して事業所全体のエネルギー需要予測開発を進める。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2014年6月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら