コマツ粟津新組立工場、電力使用量半減を実現

コマツ粟津新組立工場、電力使用量半減を実現
太陽光、バイオマスによる電力創出と省エネを目指す
コマツ(東京都港区)は、同社主力工場の粟津工場敷地内(石川県小松市)に新組立工場を竣工、生産を開始した。新組立工場には、バイオマス発電や太陽光パネルを活用し、電力創出と省エネを目指す。

(画像はプレスリリースより)

築40年の老朽化した工場が、環境配慮と生産性を併せ持つ次世代組立工場に生まれ変わった。2棟の工場を1棟に集約し、最新の省エネ、生産技術を導入。2010年度比の電力使用量は半減する。

さらに、今年12月から再生可能エネルギーを活用した発電を開始。消費電力量2010年度比9割減を目指すという。

床面の有効活用で面積生産性は2倍
新組立工場は全面ピット構造を採用、電源・配管および組立設備を地下ピット内に設置し、床のフラット化が実現した。また、柱間隔を最大32mに拡張し、生産スペースの確保に努めた。

関連企業と協力し、部品モジュール化を促進、組立ラインの長さも短縮。さらに、検査工程でICTを活用することで、面積生産性は2011年度比2倍になると予想されている。

コマツは、従来よりC02削減に取り組んでいたが、2011年東日本大震災以降、電力使用量の削減には特に注力し、全国の工場で積極的な活動を展開している。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2014年6月4日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。