三菱商事が世界最大63万kWの洋上風力発電所で海底送電事業を開始

三菱商事が世界最大63万kWの洋上風力発電所で海底送電事業を開始
沖合20kmから海底送電
三菱商事は9月11日、英国の洋上風力発電所である「ロンドンアレイ」からの電力を海底から送り、陸上に届ける送電事業を開始したと発表した。

同事業にあたって三菱商事は英国のインフラ投資会社であるBarclays Infrastructure Funds Managementと共同で、海底送電資産ロンドンアレイの事業権を取得し、以降20年間に亘って送電事業を運営する。

ロンドンアレイは稼働中の洋上風力発電所としては世界最大の発電容量63万kWを誇り、三菱商事の手掛ける送電事業は、英国南東部沖合約20kmの洋上に位置する同施設と英国南東部ケント州を結ぶ資産規模約700億円(4億6000万ポンド)の海底送電設備となる。

(画像はニュースリリースより。)

総送電容量400万kW
三菱商事は、これまでにも2011年11月の英国ウォルニー1をはじめ、ウォルニー2、シャリンガムショール、独国のボルウィン1/2、ドルウィン2/ヘルウィン2など、欧州各地で資産を取得しており、今回の参画により英国では4つ目となる海底送電資産を取得した。

これによって三菱商事の運営する海底送電事業は欧州で8カ所となり、総送電距離は約900km、総送電容量は400万kWの規模となる。

欧州では再生可能エネルギーの増加に伴い送電系統の安定化が進められており、2020年までには約5,000万kWの洋上風力発電を稼働させる計画もある。

三菱商事は、同社の掲げる経営戦略2015の中で、非資源分野において2020年頃に連結純利益の倍増を目指し、複数の規模感のある強い事業を創るという成長イメージを打ち出していることから、同事業を通じて欧州地域における電力関連の事業機会の追求を行うとしている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2013年9月20日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら