エクソルが千葉県八街市に1.99MWのメガソーラーを建設、来年5月の運転開始を予定

エクソルが千葉県八街市に1.99MWのメガソーラーを建設、来年5月の運転開始を予定
関東地方では初
太陽光発電システムの設計、施工および販売を行うエクソルは10月16日、千葉県八街市に1.99MWの自社大規模太陽光発電所設置を決定したと発表した。

同発電所は2014年5月の運転開始を目指しており、同社としては初の関東地方における自社太陽光発電所の設置となる。

設備にはカナディアン・ソーラー社製の太陽電池モジュール、245W×8,160枚を設置し、パワーコンディショナーは同社が国内での独占販売権を持つ、ドイツのKACO社製、500kW×4台を設置する。


PR活動への活用も検討
同事業の用地は社有地の宅地・山林などで、都心部から車で1時間程の立地であることから、同社は同施設を発電事業にとどまらず、産業用太陽光発電の導入を検討している事業者や、投資家に向けてのPR活動に有効活用する考えだ。

同社は2014年5月までに、全国で合計30MWの自社太陽光発電所設置を計画しており、同事業においては、売電収入により長期的に安定した収益基盤を構築し、自社製品の向上をはかり、実証データによるソリューションの提案が実現することを目指している。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。