超小型モビリティ、日本初のナンバー取得 伊勢市で活用

超小型モビリティ、日本初のナンバー取得 伊勢市で活用
       
インホイールモータシステム搭載の2人乗りEV、三重県で初運行
2人乗り電気自動車(EV)の「超小型モビリティ」が日本初のナンバーを取得した。10月25日、三重県が国土交通省から認定を受けたことを、NTN株式会社が発表した。

(画像:NTN株式会社/ニュースリリースより)

このEVは、NTNの独自開発による「インターホイールモータシステム」を搭載した2人乗り電気自動車で、同システムによる超小型モビリティでは日本初の認定となった。

今年1月の道路運送車両法の緩和によって制定された認定制度では、高速道路を走行しないこと、交通の安全が図られている場所において運行することなどを条件に公道走行を認めている。

軽自動車よりもコンパクト、低炭素社会へ貢献
軽自動車よりもコンパクトで小回りが利く超小型モビリティは、日常生活を向上させる新たな車両として期待されている。1人乗りの第一種原動機付自転車(4輪)と軽自動車の中間クラスに位置づけられ、国土交通省が導入を進めている。

低炭素社会モデル事業を推進している三重県は、伊勢市、桑名市、津市などを運行地域として申請、中部運輸局長から認定を受けた。

認定車両のうち1台は伊勢市に貸与され、公用車、観光モデルコースで利用する他、「伊勢楽市」、「お伊勢さんマラソン」などの地域イベントにも活用される。

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国土交通省」に関する記事

「国土交通省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国土交通省」の記事

次に読みたい「国土交通省」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月29日の社会記事

キーワード一覧

  1. 国土交通省 ハザードマップ

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。