長崎空港隣接地に29MWのメガソーラー建設

長崎空港隣接地に29MWのメガソーラー建設
       
長崎県と協定書を帰結
ソーラーフロンティア株式会社と株式会社チョープロは、長崎空港隣接地に29MW規模のメガソーラーを建設することに関して、長崎県および長崎県土地開発公社と協定書を帰結したことを発表した。

(画像はプレスリリースより)

長崎県で最大規模
ソーラーフロンティアとチョープロの2社で行う初のプロジェクトとなる今回のプロジェクトは、長崎県で最大かつ国内有数の規模となるメガソーラープロジェクトとなっている。

設置場所は長崎県大村市箕島にある長崎空港隣接地で、賃貸借面積は35.1ha、規模は29.1MWで、モジュールはソーラーフロンティア製のCIS薄膜太陽電池モジュールが使用される。

ソーラーフロンティア製のCIS太陽電池の特徴としては、シリコン系のモジュールよりも実発電量に優れ、光の防眩性にも優れているので航空機の飛行に影響を与えないとのことだ。

長崎県に本拠を置く液化石油ガス(LPG)供給者であるチョープロの参加により地元経済への寄与が期待されるほか、プロジェクトで得た収益の一部は長崎県に還元していく計画となっている。

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「長崎県」に関する記事

「長崎県」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「長崎県」の記事

次に読みたい「長崎県」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月8日の社会記事

キーワード一覧

  1. 長崎県 観光

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。