積水ハウス、鳥取県などと低炭素社会に向けたプロジェクトの協定を締結

積水ハウス、鳥取県などと低炭素社会に向けたプロジェクトの協定を締結
拡大する(全1枚)
水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト
積水ハウス株式会社、鳥取県、鳥取ガス株式会社、本田技研工業株式会社の4者は、鳥取県の「水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト」について協定を締結したことを発表した。

水素を利用した快適な暮らしを学ぶ
「水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト」は、水素社会実現に向けた取り組みで、再生可能エネルギーによる水の電気分解で水素の製造を行うとともに、水素の供給を行う「スマート水素ステーション」を日本海側で初めて整備するプロジェクトとなっている。

水素エネルギー実証(環境教育)拠点が整備されるのは、鳥取市五反田町にある鳥取ガスグループの敷地内で、「スマート水素ステーション」と太陽光パネルを設置し、敷地内の積水ハウス展示場に建設されたスマートハウスにて、水素を活用した低環境負荷で快適な暮らしを支える仕組みを体験してもらう予定だ。

また、水の電気分解によって水素を作るなどの実演が行われる環境教育拠点を敷地内に設けて、大人子ども問わず水素について楽しく学べるようになる予定だ。

今回のプロジェクトにより、水素エネルギーを利用する省エネ・創エネが一体となったスマートな暮らしを提案・啓発することで、スマートハウス化と燃料電池自動車の普及促進を図り、ライフスタイルの転換を促すとしている。

(拠点整備イメージ図 画像はニュースリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鳥取県」に関する記事

「鳥取県」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鳥取県」の記事

次に読みたい「鳥取県」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク