JR東日本、蓄電池駆動車両「アキュム」がローレル賞を受賞

JR東日本、蓄電池駆動車両「アキュム」がローレル賞を受賞
鉄道友の会が全国の優秀車両を選定
全国規模で活動する鉄道愛好団体「鉄道友の会」が、国内の優秀な鉄道を選定。国内初の蓄電池駆動電車であるJR東日本の「ACCUM(アキュム)」が、「ローレル賞」を受賞した。

EV-E301系、アキュムは、大容量リチウムイオン電池を搭載した電気駆動電車。営業運転車両としては、日本初の蓄電池採用車両である。

電化区間では架線からの電力と蓄電池を利用して走行、非電化区間でも蓄電池での走行が可能だ。

架線からの電力と蓄電池のハイブリッド
アキュムは昨年3月より、東北本線宇都宮から宝積寺経由で、鳥山線鳥山までで運行している。宇都宮から宝積寺の約11kmが電化区間、鳥山線の約20kmは非電化区間である。

車両の充電は、走行中と、減速時の回生電力、折り返し駅に設置された充電設備で行う。ディーゼルエンジン搭載車両と比較し、振動や騒音が小さく、排ガス発生量も少ない。

鉄道友の会では、同車両の採用が、非電化路線でのサービスと環境適合性の両面を向上させたとして、ローレル賞に選定した。また、架線からの電力と蓄電池を利用したハイブリッド方式により、非電化路線鉄道の新しい動力方式を実現させたことも高く評価している。

(画像・鉄道友の会ウェブサイトより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2015年5月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら