鹿児島県に国内最大級の太陽光発電所建設

鹿児島県に国内最大級の太陽光発電所建設
4社による共同出資
株式会社ガイアパワー、京セラ株式会社、株式会社九電工、東京センチュリーリース株式会社の4社は、太陽光発電事業の事業運営会社「鹿屋大崎ソーラーヒルズ合同会社」に共同出資し、国内最大級となる太陽光発電所を建設、運営することを発表した。

年間約35730トンのCO2削減
今回建設される太陽光発電所は、30以上前にゴルフ場建設計画が中止された鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる土地を有効活用して建設され、敷地面積は合計約200万平方メートルで、発電所名は「鹿屋大崎ソーラーヒルズ太陽光発電所」となっている。

設置されるのは京セラ製太陽電池モジュールで、設置枚数は約340740枚、出力規模は国内最大級となる約92MWで、年間予想発電量は一般家庭約30500世帯分の年間消費電力量に相当する約99230MWhを見込んでおり、CO2削減効果は年間約35730トンを見込んでいるとのことだ。

今後は、2015年度下期に着工、2017年度中に稼働開始を予定しており、鹿児島県、鹿屋市、大崎町および地元関係者などの協力を得ながら、自然環境に配慮しつつ事業を進行していくとしている。

(画像はニュースリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

エネクトニュースの記事をもっと見る 2015年5月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら