国際航業が大分県にて「竹田・柏原ソーラーウェイ」を完成

国際航業が大分県にて「竹田・柏原ソーラーウェイ」を完成
       
小学校跡地を活用
日本アジアグループ株式会社は7月10日、グループ傘下である国際航業株式会社が、大分県竹田市に「竹田・柏原ソーラーウェイ」太陽光発電所を完成させたと発表した。

「竹田・柏原ソーラーウェイ」太陽光発電所は、大分県竹田市荻町における太陽光発電事業で、事業用地には旧柏原小学校跡地であるグラウンドを活用し、敷地面積は1万1,471平方メートル。

出力規模は約612kW、年間予想発電量は一般家庭の約200世帯に相当する電力を見込んでおり、CO2削減量にすると246トン、杉17,400本分に相当し、発電した電力は全て九州電力に売却するとのことだ。

発電所を活用した地域づくりに
同設備のEPC事業者はNECネッツエスアイ株式会社で、パネルメーカーにはシャープ株式会社が採用された。

同事業は大分県竹田市が公募を行った「太陽光発電に係る竹田市遊休地活用事業」の提案募集において国際航業が選定されたもので、2015年1月から建設を進めていた。

日本アジアグループではこれまでにも再生可能エネルギー固定価格買取制度のもとメガソーラー開発を行っており、今後もメガソーラー開発で得たノウハウを活用して、地域住民とともに地域に合わせたメガソーラー開発と、発電所を活用した地域づくり、まちづくりに取り組んでいくとした。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。