トヨタが新燃料電池システム搭載の路線バスを豊田市内にて実証実験

トヨタが新燃料電池システム搭載の路線バスを豊田市内にて実証実験
新燃料電池システムの実証実験
トヨタ自動車株式会社と日野自動車株式会社は、新しい燃料電池システムの「トヨタフューエルセルシステム」(以下TFCS)を搭載した新燃料電池バス(以下FCバス)を開発し、2015年1月9日から豊田市内を走る路線バスの「とよたおいでんバス」の営業運行向けに提供すると発表した。
営業運行計画
FCバスの営業運行計画は次のようになっている。
運行開始日 2015年1月9日(金)

運行事業者 名鉄バス(株)豊田営業所

運行路線 とよたおいでんバス「豊田東環状線」(豊田市~三河豊田駅前)、3往復/日(月曜日を除く)

使用台数 1台
(トヨタ自動車株式会社・日野自動車株式会社 プレスリリースより引用)


使用システムの詳細
今回、FCバスには出力を高めるためFCスタック及びモーターなどを2個搭載するほか、高圧水素タンクを8本搭載している。くわえて外部電源供給システム(V2H)は2013年11月より開始した実証試験等の結果を生かして改良を加えている。

なおこのTFCSは燃料電池技術とハイブリッド技術を融合させ、燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」向けに開発したシステムを使用している。

そのため燃料となる水素の充填は、NEDO事業としてトヨタエコフルタウン水素ステーションを使用する。

トヨタと日野は、FCバスの実用化に向け、公共交通である路線バスの営業運行による実証試験を通じてFCバスの実用性や有用性を検証し、今後も研究開発を進めていく。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。