NTTファシリティーズが、広島県に「F三原太陽光発電所」を建設

NTTファシリティーズが、広島県に「F三原太陽光発電所」を建設
       
民有地を賃借
NTTファシリティーズは1月22日、広島県三原市に民有地を賃借し、「F三原太陽光発電所」を建設すると発表した。

同施設は、太陽電池容量2,592kW、年間発電量は約2,840MWhを想定しており、これは一般家庭の消費電力、約790世帯分に相当する。

同社は2014年12月5日より着工しており、今年5月下旬の完成を予定している。

大容量化したシステム
同社は自然エネルギーの普及・拡大による環境負荷低減への貢献、及び太陽光発電に関する更なるノウハウ獲得・蓄積を目的に発電事業を展開している。

F三原太陽光発電所は、従来のシステムがDC600Vであるところを、DC1000Vシステムを搭載し、ストリングの直流電圧を1000Vまで高電圧化するとともに、PCSを大容量化したシステムである。

従来型と比べ、ストリング数を最大40%削減、PCS及びPCSパッケージの台数を2MWあたり1台削減でき、構築コストを低減することができる。

また、直流配線損失の低減及びPCS変換効率の向上も実現でき、一般的には70%程度であるシステム総合効率を90%以上に高めることも可能になった。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。