オリックスと九電工が奈良県天理市にメガソーラー建設

オリックスと九電工が奈良県天理市にメガソーラー建設
拡大する(全1枚)
2017年2月に運転開始
オリックス株式会社と株式会社九電工は2月18日、大規模太陽光発電所「天理市ソーラーパーク1号発電所」を建設すると発表した。

同発電所建設にあたり、両社は奈良県天理市より土地を賃借し、敷地面積(公簿面積)約245,900平方メートルの土地に90,440枚のパネルを設置する。

同発電所は2015年2月1日に工事が開始され、2年後の2017年2月の運転開始を予定している。

最大出力23MW
同発電所の最大出力は23MW、年間予想発電量は24,806,800kWhを予定しており、これは一般家庭約6,890世帯分の年間消費量に相当する。

また、施工は九電工が行い、保守・管理は九電工が担い、発電事業についてはオリックス株式会社70%、株式会社九電工30%で設立したKクリーンエナジー奈良株式会社が事業主となる。

オリックスは、2009年5月から電力小売事業に参入しており、自治体や企業などが保有する全国の遊休地を賃借し、最大出力1,000kW(1MW)以上の大規模な太陽光発電所(メガソーラー)の建設、運営を行っている。

両社は、今後も、環境エネルギー関連事業を積極的に共同展開していく考えだ。

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク