エグテック、発電と水田を両立させるソーラーシェアリング事業を開始

エグテック、発電と水田を両立させるソーラーシェアリング事業を開始
拡大する(全1枚)
発電と水田両立のソーラーシェアリング事業を開始
株式会社エグテックは11月30日、「太陽光発電×水田設置」を同時に行うソーラーシェアリング事業を開始したと発表した。

これは、水田1反で49.9kWの2軸追尾式太陽光発電システムによりソーラーシェアリングをする世界初の新システムという。同社の追尾式太陽光発電システム「エナトラッキングシステム」にて、従来の固定式に比べて1.3~1.5倍の発電量が得られるとしている。

「エナトラッキングシステム」は、高精度の光センサーで日の出と同時に東を向き、一日中太陽の正面になるよう追尾するシステムで、台風が多い日本の気候に合わせた製品設計により耐久・安定性を確保するほか、Webネット監視システムの採用により発電量を常時携帯でチェックできるとのこと。

農家はいま、重労働ながら収入が少ないため農業離れが問題になっている。このため、いま農業を行っている田畑に太陽光発電システム用の支柱を立て、ソーラーシェアリングを行うことで、これまで通り作物を育てながら発電による収入が得られ、場合によっては、その収入で農業の外注も可能になるという。

モデルケースでは初期投資を約10年で回収の計算に
また、後継者不足解消や雇用創出に繋がり、耕作放棄地・遊休農地などの有効活用もできることから、ソーラーシェアリングは地域創生・活性化が見込める事業として普及が期待されていることから、同社は地域共創を目的にソーラーシェアリング事業を始めたとしている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク