三菱電機、DIC株式会社鹿島工場向けの太陽光発電設備が竣工

三菱電機、DIC株式会社鹿島工場向けの太陽光発電設備が竣工
拡大する(全1枚)
DIC株式会社鹿島工場向け太陽光発電設備が竣工
三菱電機株式会社は1月23日、DIC株式会社鹿島工場向けに納入した1.6メガワットの太陽光発電設備が、1月26日に竣工すると発表した。

茨城県神栖市の同発電設備は、自家消費を目的とした太陽光発電設備として国内最大級となり、環境省の二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(平成29年度再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業)に採択されている。

納入した設備は、5,588枚の太陽電池モジュールと、750kWのパワーコンディショナ2式(計1,500kW)となる。

この特長として、塩害対策機器の採用により沿岸部への設置を実現し遊休地の有効活用に貢献するほか、低勾配設置に対応したモジュールと最適な配置により発電容量を最大化している点がある。

太陽電池モジュールは廃棄時の環境への影響にも配慮
太陽電池モジュールには、耐候性に優れた三層構造PETフィルムの採用とともに、フレーム取り付け部材にメッキ処理を施し耐塩性を強化し、またパワーコンディショナ収納盤を耐塩仕様にするとともに空調室外機に重耐塩仕様品を採用した。

また同モジュールは、国内で開発・生産・品質管理を実施し、25年間で出力劣化率20%以内の「リニア出力保証」と10年間の「瑕疵保証」を付帯しているほか、組み立てに「無鉛はんだ」を用いて廃棄時の環境への影響にも配慮している。

さらに、太陽電池モジュールのフレーム四隅に水切り加工を施すことで、高い排水性と埃の排出性を確保したほか、モジュールアレイの設置間隔が縮小できる低勾配設置を実現、発電容量を向上している。さらに、最適な設置傾斜角(5度)とレイアウトにより年間発電量を最大化している。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク