パシフィコ・エナジー、岐阜県郡上市で 発電容量55MWの大型太陽光発電所建設を開始

パシフィコ・エナジー、岐阜県郡上市で 発電容量55MWの大型太陽光発電所建設を開始
拡大する(全1枚)
郡上市で発電容量55MWの大型太陽光発電所建設を開始
パシフィコ・エナジー株式会社は2月2日、岐阜県郡上市にて、発電容量55MW(DC)の太陽光発電所「美並メガソーラー発電所」の建設を開始すると発表した。

発電施設は、岐阜県郡上市のゴルフ場跡地を利用して建設され、2019年7月(建設期間:17か月)の運転開始を予定している。また完成後は、年間約55百万キロワット時の発電量を想定していて、これは年間約3万トンの二酸化炭素排出削減に貢献することとなる。

発電した電力は、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法に基づき、中部電力株式会社に全量販売される。なお、このEPC (設計・調達・施工)サービスは、東洋エンジニアリング株式会社が担当することとしている。

環境に配慮した発電所建設を推進
同社はこれまで、岡山県の久米郡と美作市にて2件の、また宮城県大崎市にて1件の太陽光発電所の建設を完了し、商業運転を開始している。

現在、宮崎県内で96MW(DC、2015年3月から建設開始)、岡山県内で257MW(同、2017年4月から建設開始)、福島県内で42MW(同、2017年9月から建設開始)、愛知県内で62MW(同、2017年10月から建設開始)の発電所を建設中で、同案件は今年建設開始した1件目となる。

なお同社は、世界各国で培った発電事業開発・建設・運営の経験と蓄積したノウハウを活かし、岐阜県の地域社会と協力し、環境に配慮した発電所の建設を推進していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク