宇部興産が2つめの廃熱発電設備を設置

宇部興産が2つめの廃熱発電設備を設置
拡大する(全1枚)
セメント製造工程の廃熱を利用して発電
宇部興産株式会社(以下「宇部興産」)は4月20日、山口県美弥市にある同社の伊佐セメント工場に排熱発電設備を設置することを決定したと発表した。

セメントの主原料の製造は、石灰石などの原料を窯に入れて高熱で焼成することによって行われ、廃熱発電はこの製造過程で排出される熱を利用する。宇部興産は福岡県京都郡にある苅田セメント工場でも廃熱発電設備を2015年12月から稼働しており、今回の設備は同社2つめとなる。

新設備の出力は1万4000kWで、得られた電力は工場内で消費するほか、UBEグループ内の他の工場へも送電する。この設備の稼働によってグループの電力コスト低減に大きく貢献、また年間5万トンの二酸化炭素排出量削減も見込まれている。

2020年1月からの稼働で業界トップレベルに
宇部興産のセメント事業は国内で3工場を運営している。このうち電力自給率が最も低かった苅田工場がまず廃熱発電設備を導入して自給率を40%まで改善、残る2工場のうち1つに新たな廃熱発電設備の設置が決定された。

伊佐セメント工場の新設備は2020年1月に稼働する予定だが、これによって宇部興産の廃熱発電による電力構成比率は、業界トップレベルになるという。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山口県」に関する記事

「山口県」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山口県」の記事

次に読みたい「山口県」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク