日本最大の太陽光発電所 岡山県美作市に建設開始

日本最大の太陽光発電所 岡山県美作市に建設開始
拡大する(全1枚)
発電総量は2億キロワット時超え
地球環境・地球社会にやさしいエネルギー開発を行うパシフィコ・エナジー株式会社は、岡山県美作市における大規模太陽光発電所建設プロジェクトの開始を発表した。

このプロジェクトは日本最大となる発電容量257.7メガワットの太陽光発電所を、旧作東セントバレンタインリゾート計画跡地、及び旧ペニンシュラゴルフクラブ湯郷コースの跡地(400ha余)に建設しようというものだ。

運転開始は2019年9月を予定しており、年間発電総量は2億9000万キロワット時、一年間で20万トンの二酸化炭素排出削減を見込むことができるという。

地域社会と共にある発電所の姿
生産されたエネルギーは国の特別措置法に基づき、中国電力株式会社に全量が販売される。

同社は岡山県において久米郡、美作市でも太陽光発電所の建設を完了させており、今回の美作市における案件は県内3件目となる。

世界各国で発電事業開発・建設・運営に携わるパシフィコ・エナジーはその知見とノウハウを活かし、地域社会と共にある発電所の建設を推進していくとしている。
パシフィコ・エナジーは2012年会社創立以来、日本全国各地にて大規模太陽光発電プロジェクトを手掛けており、これまで3か所(計131メガワット、直流ベース)で発電所建設、商業運転を開始しております
(プレスリリースより引用)

(画像はパシフィコ・エナジーHPより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク