DIC、鹿島工場にメガソーラー導入でCO2削減をさらに拡大

DIC、鹿島工場にメガソーラー導入でCO2削減をさらに拡大
拡大する(全1枚)
DIC鹿島工場にメガソーラー導入でCO2削減を拡大
DIC株式会社は7月31日、地球温暖化防止への取り組みとして、温室効果ガスのCO2排出量削減を目的に、有機顔料などを生産する茨城県神栖市にある鹿島工場の遊休地に、メガソーラーを新たに設置すると発表した。

同設備は、工場内で使用する電力の一部を賄うものとしており、発電出力は1,600kW、年間の発電量は1,700MWhとなり、2017年8月に着工、2018年1月の竣工を予定している。なお、同設備導入による鹿島工場のCO2排出量は、2016年比約3%削減につながるという。

同社グループでは昨年度から、『温室効果ガスの排出量(絶対量)を毎年1%削減し、2020年までに7%削減(2013年基準)』とする中期目標を独自に設定している。今回の効果をグループ全体で評価すると、2013年比で0.2%の削減に寄与するとのこと。

メガソーラー導入で、さらに年間1,200tのCO2を削減
鹿島工場は、コージェネレーションシステムと再生可能エネルギーを導入していて、購入電力とのベストミックスに積極的に取り組んでいる。

中でも再生可能エネルギーの活用では、バイオマスボイラや風力発電、太陽光発電を導入し、同社グループの地球温暖化防止への取り組みに大きく貢献しているという。

こうした取り組みにより、鹿島工場ではこれまでにCO2を年間約25,900t削減しているが、今回のメガソーラー導入により、さらに年間1,200tのCO2削減を実現できるとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク