東海大学、豪州で開催のソーラーカーレースWSCに参戦

東海大学、豪州で開催のソーラーカーレースWSCに参戦
東海大学チームが豪州ソーラーカーレースに参戦
学校法人東海大学は8月29日、同大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクトのソーラーカーチームが、今年10月8日から15日にかけ、豪州で開催されるソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2017」に参戦すると発表した。

このレースは、South Australian Motor Sport Boardが主催し、太陽光を動力源とし豪州北部のダーウィンから南部のアデレードまでの約3,000kmを、約5日間で走破する世界最大級のソーラーカーレースで、株式会社ブリヂストンが冠スポンサーとして協賛している。

1987年に第1回大会が開催され、14回目となる今大会には、世界の22の国と地域から43チームが参戦する。レースは3カテゴリーに分かれ、同チームは世界最速を目指すチャレンジャークラスにエントリーしていて、09年と11年に開催された同レースで優勝している。

13年大会は準優勝、15年の前回大会は総合3位に終わっていることから、今大会で世界一奪還を目指すとしている。また、今回の参戦は同大学の建学75周年記念行事の一環として位置付ける。

国内有力企業から協力を得て新型マシンを開発
学生らが新たに製作したマシン「Tokai Challenger」には、研究開発段階で世界トップレベルの変換効率を誇るパナソニック株式会社製「HIT(R)太陽電池」とリチウムイオン電池などを搭載したほか、東レ株式会社から供給を受けた炭素繊維「トレカT800開繊織プリプレグ」を用いたCFRPボディを採用した。

さらにブリヂストン製のソーラーカー用タイヤ「ECOPIA with ologic」を装着するなど、多数の国内有力企業から協力を得て、太陽電池面積が2/3に縮小されるなど厳しくなった新レギュレーションに対応した新型マシンの開発を進めてきたという。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。