住友商事が石垣島のエコアイランド化で提携

住友商事が石垣島のエコアイランド化で提携
年度内にバッテリー交換式の電動スクーターを
住友商事株式会社(以下「住友商事」)は9月28日、沖縄県石垣市と石垣島エコアイランド化事業で提携を結んだと発表した。

石垣島は沖縄で3番目に大きな島で、八重島諸島の経済的、行政的な中核となる島だ。また亜熱帯の豊かな自然に恵まれ、観光地としても年々成長を続けている。珍しい動植物が生息し、日本最大規模の珊瑚礁に囲まれ、年間100万人以上の観光客が訪れる。

石垣市は島の観光産業を推進すると同時に、交通量増加やCO2排出量増加の課題に取り組むなど、自然環境との共生を図っている。

今回の石垣市と住友商事の提携では、まず年度内にバッテリー交換式の電動スクーターを導入、数カ所に充電ステーションを設置する予定だ。

太陽光パネルを設置、災害時には電力供給源にも
この事業では石垣市が再生可能エネルギー設備を島内に設置して、住友商事がスマートスクーターと充電ステーションを導入、事業を運営する。充電ステーションの一部には太陽光パネルを設置し、災害時には緊急の電力供給源として利用する。

石垣市と住友商事は自然のエネルギーと先端技術を組み合わせて、自然環境の保全に貢献する。これからも持続可能な発展を目指した島づくりに向けて、様々な取り組みを行っていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2017年10月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。