パシフィコ・エナジー、愛知県豊田市で発電容量62MWの太陽光発電所建設を開始

パシフィコ・エナジー、愛知県豊田市で発電容量62MWの太陽光発電所建設を開始
拡大する(全1枚)
「豊田メガソーラー発電所」の建設開始
パシフィコ・エナジー株式会社は10月16日、愛知県豊田市で直流ベースでの発電容量が62MWの太陽光発電所「豊田メガソーラー発電所」の建設を開始すると発表した。

同発電所は、愛知県豊田市の山林地を利用し、26か月間をかけて建設されるもので、2019年12月の運転開始を予定している。また、完成後の年間発電量は約74百万kWhを想定していて、これにより年間約4万tの二酸化炭素排出量削減に寄与するとしている。

発電した電力は、電気事業者による再エネ特別措置法に基づき、中部電力株式会社に全量販売する。建設に際してのEPCに関しては、千代田化工建設株式会社が担当することになる。

本年中に建設を開始する太陽光発電所は3件450MW超に
同社は現在、3件(岡山県:2件、宮城県:1件)の太陽光発電所の建設を完了し、合計130MWの商業運転を開始している。また、同発電所の建設開始を含め、本年中に建設を開始する太陽光発電所は、合計3件450MW超(直流)となる。

なお同社は、日本での太陽光発電開発に重要な要素に、土地選定、経済産業省設備認定、電力会社からの系統連系承諾、許認可の4点があるとし、同社はこれらのリスクを早急に特定し解消作業を実施する強みがあるという。

そして同社のメンバーは、固定価格買取制度が開始される以前の2010年から国内太陽光発電開発に従事しており、電力会社との協議などを熟知しているとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク