エリーパワー、セコムを通じた蓄電池システムのリース販売がスタート

エリーパワー、セコムを通じた蓄電池システムのリース販売がスタート
可搬型蓄電システムをセコムがリース販売開始
エリーパワー株式会社は10月30日、同社の製造する可搬型蓄電システム「POWER YIILE 3」について、セコム株式会社がリース販売を開始したと発表した。

同製品は、太陽光パネルから直接充電できることから、自立の電源環境も簡単に構築できる。直接充電は直流のまま充電できるため、変換ロスが少なく効率よく蓄電できる特徴がある。

そして、太陽光発電時は優先的に太陽光発電電力を接続機器に供給し、余剰電力を蓄電池に蓄え、また夜間は昼間蓄えた電力を接続機器に供給することで、効率よく電力を利用することができる。

リース販売のスタートで月額支払いが可能に
なお、同社のリチウムイオン電池は、釘刺し(内部短絡)試験・圧壊試験・過充電試験でも、発煙・発火・破裂しないなど、TUV-S マークを取得した安全性の高さが特長となる。

さらに、低温から高温まで広い温度帯域での安定した動作と、長寿命であるという高い性能も有している。

なお同システムは、ポータブル蓄電システム「ELIIY ONE」とともに、今年1月にセコムの標準品として採用され、すでに販売が開始されているが、このほど同システムのリース販売がスタートしたことで月額支払いが可能となり、導入時の初期費用を抑えることができることとなる。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2017年11月2日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。