東電、スリランカにおける「電力マスタープラン策定プロジェクト」実施

東電、スリランカにおける「電力マスタープラン策定プロジェクト」実施
2016年8月2日にコンサルティング活動開始
東京電力ホールディングス株式会社は、東京電力パワーグリッド株式会社と東電設計株式会社の2社と共に、「スリランカ国電力マスタープラン策定プロジェクト」を受託し、2016年8月2日にコンサルティング活動を開始したことを公表した。
このプロジェクトは、独立行政法人国際協力機構が計画し、業務期間は2016年7月~2017年7月の予定である。独立行政法人国際協力機構を通じて業務受託することになったのは、スリランカ政府から日本政府への協力要請があったからである。

プロジェクトに関する業務内容
今後は、3社の経験や知識に基づいたノウハウを活用することにより発電・送電・配電開発計画を含む2040年までの「電力マスタープラン」策定に協力する。

予定されている業務内容は、電力セクターを取り巻く現在の状況を調査・分析した上で、電力の需要を予測、一次エネルギーを調査する。また、スリランカにおける環境社会への配慮の調査も行い、再生可能エネルギーだけではなく、バッテリー等の系統安定化設備の導入をも検討する予定だ。

東京電力グループは、同社の電気事業分野における技術力・ノウハウ・人材などをフル活用して、海外の国々の発展に貢献することを目指し、電力セクターにおける技術支援等の海外コンサルティング事業を実施する。また、グループ全体の成長・発展のために海外への事業展開を積極的に行っていくという。

プロジェクトを受託した背景
近年、経済成長著しいスリランカは、電力消費量が年間約4%ずつ増加しており、様々な課題を抱えている。電源の多様化を始めとし、ピーク負荷対応のための揚水発電などの電源確保、送配電損失率の改善による電力供給信頼度の向上など、緊急を要する物ばかりである。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2016年8月4日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら