エクソル、新工法「X-Large」の提供開始

エクソル、新工法「X-Large」の提供開始
スライド移動で空きスペースを作りだし、増設可能に
株式会社エクソル(以下、「エクソル」)は、太陽光発電所の新しい施工方法を開発したと発表した。この工法では、モジュール増設のために新しい敷地を求めなくても、現在の限られたスペース内で発電量を増加させることができる。

「X-Large 」は既に設置済みの太陽電池モジュールをアレイ単位で改修して移動させ、間隔を詰めることによってスペースを生み出す。そこに新たなモジュールを増設して、発電所の総発電量を増加させるという考え方だ。エクソルによるとこの工法は業界初のオリジナルであり、現在特許出願中だという。

同社はこの新工法による見積もりを9月20日から受け付けている。

アレイで固定点が増え、増設前と同等以上の強度を確保
新工法ではモジュールに影がかかることを前提として、ロス率を最小限に抑える新発想のシステム設計を採用し、最適なシミュレーション設計で発電量の最大化を実現する。

また改修でアレイの固定点が増えるほか前後に連結固定され、風圧などに対する強度が増設施工以前と同等に保たれるとしている。

同社は9月中に住宅向け、今冬には産業向けに、太陽光発電モジュールの新製品も発売する予定だという。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2016年9月7日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。