街に緑を、若者に広場を、そして大きな夢を佐藤三郎氏を弔う

街に緑を、若者に広場を、そして大きな夢を佐藤三郎氏を弔う
伝説のフェス「One Stepフェスティバル」
今年6月に急逝した佐藤三郎氏。反公害・自然保護を訴える活動家で、ミニコミ誌「One Step」を発刊し、1974年夏には、オノ・ヨーコを福島県郡山市に呼び、伝説のロックフェス「One Stepフェスティバル」の開催を成し遂げた男である。オノ・ヨーコ以外にも、内田裕也、CAROL、沢田研二、かまやつひろし、シュガー・ベイブ、サディスティック・ミカ・バンド、クリエーション、外道等々多くの方が参加した。

まずはやってみようという気持ちが大切
オノヨーコ氏は、同フェスに出演を快諾した理由として、アメリカにまで出演交渉にやってきた佐藤氏が語った「夢に共感した」ため、述べている。

常にメッセージを発信し、人々の意識を向かせて、考えてもらう。そのような行動力がある佐藤氏が今生きていたら、電力が自由化されたこのご時世において、どのような行動に出ただろうか。

当時最大規模の野外フェスを、若者が主導
One Stepフェスティバルは、当時の日本では最大級の野外フェスで、当初予定していた5日間を超え、10日間、郡山市開成山公園にて開催された。

なぜ、ロックフェスだったのか。フェスのテーマは、「街に緑を、若者に広場を、そして大きな夢を」であった。佐藤氏が人生をかけて伝えたかったこの大きなテーマを、誰にでもわかりやすく、楽しく伝えることができるのは「音楽」だと考えたからだ。

日本のミュージシャンは30組以上参加し、海外からは、リタ・クーリッジとクリス・クリストファーソン、そしてヨーコ・オノ&プラステック・オノ・スーパーバンドが参加しプロデューサーとして内田裕也氏が参加した。

既にあるモノに満足せずに、当時1人の若者であった佐藤氏が、他の若者を巻き込み、自分たちでまずは何かをやってみようという夢が、オノヨーコ氏の心を動かしたのだ。

「One Step」が意味するように、まず、やってみようという気持ちが、夢への実現に近づくのだ。佐藤氏は一生をかけて伝えてくれたこのメッセージと、電力自由化などエネルギー事情が変化する世の中に生きる私たちは、真剣に向き合うときなのかもしれない。

(画像は横尾忠則氏デザインのオフィシャルのONE STEPポスター)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「福島県郡山市 + ラーメン」のおすすめ記事

「福島県郡山市 + ラーメン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「福島県福島市」のニュース

次に読みたい関連記事「福島県福島市」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月12日の社会記事

キーワード一覧

  1. 福島県郡山市 ラーメン

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。