日立造船がラオスと環境・グリーンエネルギーで協力

日立造船がラオスと環境・グリーンエネルギーで協力
ラオスの政府や電力公社関係者などの視察団が来日
日立造船株式会社(以下「日立造船」)は12月9日、ラオス・エネルギー鉱業省と同国のグリーンエネルギー開発などに関して、協力協定を締結したと発表した。

来日した一行はエネルギー鉱業省と天然資源環境省、ラオス電力公社などの関係者から構成され、日立造船の柏工場(千葉県柏市)、舞平清掃センター(新潟市)や京都市にあるバイオエタノール製造プラントなどを視察した。

ラオスは豊富な水資源に恵まれ、水力発電で得られる電力を輸出、高い経済成長率を維持している。これからは経済の発展とともに環境に適応した新しいエネルギー源を開発することに関心が高まっており、日本から優れた技術を導入することを期待している。

環境調和型のエネルギー開発に向けた施設などを提案
今回の協定は包括的な連携を約束するもので、日立造船はラオスのエネルギー政策に基づいて、環境調和型のグリーンエネルギー開発とその事業化に向けたプロジェクトを検討していく。

同社はこれまでエネルギー事業で築き上げた技術的知見を活用し、水力発電の電力を用いたPower to Gasの転換、有機性廃棄物をエネルギーに転換するメタン発酵、農業生産物を活用したバイオ燃料製造などを提案し、ラオスの環境・エネルギー分野の発展に貢献していく方針。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2016年12月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。